レギュラーコーヒーの淹れ方は十人十色

###Site Name###

レギュラーコーヒーとは豆を挽いて淹れるお馴染みのコーヒーです。その淹れ方は様々であり、淹れ方によって味や香りに影響を与えます。

ペーパードリップは複雑な器具を必要にも関わらず、簡単に淹れられることからレギュラーコーヒーのポピュラーな淹れ方の1つです。

ペーパーはコンビニやスーパーでも手に入ります。


お湯を注ぐ時に「の」の字を描くようにするのがコツで、慣れれば安定した味を出すことができます。
ペーパードリップとよく似た淹れ方にネルドリップがあります。

ペーパーの代わりにネルと呼ばれる布を用いて同じように抽出します。


ペーパーと異なり使い捨てでは無い代わりに、ネルを丁寧に管理しておく必要があります。

サイフォンドリップは喫茶店などでよく見かける淹れ方です。
サイフォンと呼ばれる特別な器具を用いて抽出します。



コーヒーの液が上下に移動する様子が見られて、見た目にも楽しい淹れ方です。

安心できるgoo ニュースの情報もあります。

パーコレーターはアウトドアでよく使われる淹れ方です。直火にかけるため、濃い味わいになる特徴があります。
ウォータードリップは冷水を用いた淹れ方です。


冷水とコーヒー豆を専用のサーバーにセットして、冷蔵庫に入れておきます。

大きさにも寄りますが7、8時間後にコーヒーが完成します。冷蔵庫で作れるので最初からアイスコーヒーが作れます。


夜にセットして朝に飲むという使い方ができ、特に夏場はお勧めです。

このように淹れ方だけでもたくさんの種類があり、それに加えて豆の量、抽出時間、挽き具合などは個人差が出ます。


これによりレギュラーコーヒーは作る人によって十人十色なのです。